皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常7,200円が今だけ980円!
>>詳細はコチラ<<
通常9,800円が今だけ2,780円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!

指のイボができる原因とは?液体窒素や薬で治せる?予防方法は?

気づかないうちに、指にいぼができてしまった経験がある人は意外と多いです。
指にいぼができる原因は何なのでしょうか。

できてしまったいぼに痛みやかゆみがある場合は、できれば早めに治療したいものです。
今回は、指にできてしまったいぼの原因と、治療法についてまとめました。

いぼができないための予防方法についても調べましたので、ぜひご参考にされてください。

指にできるイボの原因とは?

指などにできてしまういぼのほとんどは、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)のひとつである尋常性疣贅です。
手が荒れている、傷があるときなどに、傷口からHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染することで引き起こされる腫瘍です。

痛い場合やかゆい場合もありますが、ウイルス性疣贅を潰すと白い液体が出て、これに触れる他の箇所もいぼができてしまいます。
いぼが大きくなってしまったり、他の部分に広がってしまうため、早めに対策することが欠かせません。
他人に移してしまうこともあるので要注意です。

どうやってウイルスは感染する?

ウィルス性疣贅・尋常性疣贅など、疣(いぼ)のウィルスは通常の健康な皮膚には感染しません
しかし、小さな傷などがあるとそこから傷に入り込んで、皮膚の表皮の基底層にある基底細胞に感染して疣を作ると考えられています。

感染した基底細胞は、細胞分裂が活発になり、周りの正常細胞を押しのけて増え続けいぼになります。

表皮に傷があっても、免疫力が高い状態なら通常は疣のウィルスに感染することはあまりありませんが、風邪や体調不良で免疫機能が下がっていたり、肌のバリア機能が下がっていると感染しやすくなります。

ウィルス感染するいぼには、青年期にできる扁平疣贅、足底疣贅、水いぼなどもあります。

 顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科...
顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科に行かずに自宅で改善
https://www.nippon-kokoro.com/170.html

うつらないイボができることもある

ウィルス性のいぼである尋常性疣贅は、放っておくと他の箇所にも感染し、いぼが増えて多発性尋常性疣贅になってしまいます。

しかし、いぼの中にはうつらないものもあります。
ガングリオン、血管拡張性肉芽腫は感染性がなく、うつらないいぼの種類です。
これは一つだけ単発でできるのが特徴で、他の箇所にうつることはありません。

できる原因は解明されていませんが、ほとんどのものが良性です。
放っておいても害はありませんが、指などにできて気になる場合は皮膚科などの医療機関で取ることをおすすめします。

 顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科...
顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科に行かずに自宅で改善
https://www.nippon-kokoro.com/161.html

指にできるイボの治し方

指にできるイボのを治すには病院で医師に正しい治療を行ってもらうことも可能ですが、小さいいぼなら自宅で治療する方法もあります。

薬局やドラッグストアで購入できる薬もあるため、自宅で治したい方も安心です。

どんな治療方法があるのか、みていきましょう。

液体窒素で焼く治療をする

液体窒素でいぼを凍結させ、低温火傷の状態にしていぼを焼く治療法を、液体窒素療法や凍結療法・冷凍凝固法といいます。

液体窒素治療は一週間に一度程度、数回皮膚科に通って行います。
-196℃の液体窒素を綿棒に浸して患部に当てるので、痛みを感じる人もいます。

液体窒素療法の施術後は、色素沈着を起こす人も中にはいます。

痛みや色素沈着といったデメリットがあるものの、小児でも治療でき、保険も適用されるため治療費も安く、かなりポピュラーなの皮膚科治療となっており、ウィルス性いぼにも有効で治療効果も高いです。

扁平疣贅、足底疣贅、水いぼといったほかのウィルス感染する疣にも有効です。

治療後に痛みやかゆみがでることもある

液体窒素療法(凍結療法)の術後は、皮膚が低温火傷をした状態と同じです。
なので、治療後に患部に血豆や水ぶくれができることがあります。

皮膚の新陳代謝と共に、約10日ほどで水ぶくれは乾き、血豆はかさぶたになって疣と一緒に剥がれ落ちます。

このときに、水ぶくれやかさぶたは潰さないことが重要です。
無理にはがしたり、潰したりするとイボが拡大したり、治療期間が長引く可能性があります。

写真で見るよりも、痛みは少ない

液体窒素治療の術後写真を見ると、血豆やかさぶたでかなり痛そうに見えますが、実際はそこまで痛みは強くありません。

液体窒素を浸した綿棒を患部に当てるときに、人によってが痛みを感じますが術後の写真から連想するほどの激痛ではありません。

 顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科...
顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科に行かずに自宅で改善
https://www.nippon-kokoro.com/69.html

レーザー治療

多くの皮膚科で行われるレーザー治療は、炭酸ガスを使用したものです。
レーザーによって、いぼ本体をくりぬきます。

いぼ本体のみを照射するので、いぼの周りの皮膚には負担が少ない治療法です。
レーザー治療の際には、麻酔をするクリニックも多いので痛みもそれほどなく、出血も少ないです。

疣の大きさや数によって治療期間は異なりますが、およそ三カ月から半年の治療期間となります。

液体窒素療法とはことなり、痛みも少なく治療効果が高く、術後の肌も綺麗になるので人気の治療法ですが、保険適用外で治療費は少し高くなります

こちらも、扁平疣贅、足底疣贅、水いぼといったほかのウィルス感染する疣にも有効です。

ガングリオンは中身を出す手術をする

主に手の甲(手関節背側)などにできるいぼであるガングリオンは、ゼリー状の内包物を含みます。

ウィルス性ではなく、できる原因ははっきりとはわかっていません。
良性のいぼですが、目立つため治療を希望する人が多いです。

ガングリオンの治療法は注射器でゼリー状の内包物を吸引する方法や、圧座(あつざ)といってガングリオンを圧迫して潰す方法があります。

しかし、これらはいずれも内包物が残りガングリオンは難治性で、再発する可能性があるため、完治するには手術療法を行います。

麻酔をしてガングリオンの中身を取り除く治療です。
注射や圧座に比べて、再発の可能性は低くなります。

 顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科...
顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科に行かずに自宅で改善
https://www.nippon-kokoro.com/75.html

外用薬を塗る

おすすめは、サリチル酸が含まれている薬です。
サリチル酸は、皮膚の角質を柔らかくする作用があり、いぼに塗ることで角質が腐食して柔らかくすることができます。

その後、皮膚が新しく再生してくるため、綺麗にいぼを除去できる治し方となっています。

サリチル酸が含まれている外用薬を使ってケアをする場合は、入浴後に使用することがベストです。

入浴後に使用することで皮膚が柔らかくなってるので、より高い改善効果を期待することができるでしょう。

1日に4回程度、外用薬を患部に塗布して3日ほど繰り返すことで改善効果を実感することができます。

簡単に実践できる治し方なので試してみてはいかがでしょうか。

≫≫イボに効く市販薬は、こちらの記事でチェックしてみてください!

専用ケアクリームを使う

クリアポロンなどの、専用ケアクリームを使うのもおすすめです。

クリアポロンは、指のいぼや顔にできやすい老人性疣贅などにも有効です。

尋常性疣贅の薬にも配合されている漢方薬でもある、ヨクイニンや杏仁エキスが配合されています。
また、いぼの予防に効果的な保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸なども配合されているので治療と予防を同時に行うことができます。

イボコロリや、スピール膏もいぼのケアとして有効なのでおすすめです。

 顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科...
顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科に行かずに自宅で改善
https://www.nippon-kokoro.com/174.html

飲み薬を服用する

疣の治療方法として、飲み薬を服用することもあります。

皮膚科でも処方されるのは、ヨクイニンという漢方薬です。
ヨクイニンはハトムギ由来の成分で、新陳代謝を促す効果があり、いぼだけでなく肌荒れの治療にも用いられます。

魚の目やタコの治療方法として有名な絆創膏タイプの外用薬のイボコロリも、このヨクイニン配合の飲み薬を販売しています。

薬以外のケア方法

外用薬や飲み薬以外のいぼのケア方法があります。

杏仁オイルは疣に良いとされていて、新陳代謝を高め優れた皮膚柔軟化作用があるとされています。
肌のターンオーバーが活性化し、古い角質が剥がれるので疣に有効だと言われています。

また、木酢液も家庭でのいぼのケア方法として人気です。
コットンにしみこませ、患部に30分ほどパックすることをひと月ほど繰り返すと効果があるとされています。

主に足底部にできる足底疣贅には効果的ですが、皮膚の薄い指のいぼには使用する際には注意が必要です。

杏仁オイルも木酢液も、いぼ治療としては即効性はありません。
また、いぼの種類によっては効果がないこともあるので、試してみて変化がなければ皮膚科を受診しましょう。

 顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科...
顔や首にできたイボの取り方・治し方!皮膚科に行かずに自宅で改善
https://www.nippon-kokoro.com/242.html

指のイボを予防する方法

指にいぼができると、見た目も悪く気になってしまいます。
指にいぼができるのを予防する方法についてまとめました。

肌の保湿やスキンケア

ウィルス性疣贅の場合、肌が乾燥しているとバリア機能が衰えてウィルス感染しやすくなってしまいます。

普段から手を洗ったらクリームをつけるなどして、肌の保湿やスキンケアに気を付け、肌のバリア機能を保ちましょう。
ヨクイニンなどの肌の新陳代謝を活発にする効果のある漢方薬を服用するのも、ウィルス性疣贅の感染予防に効果的です。

健康的な生活を送る

風邪などで体調を崩したり、免疫力が下がっているとウィルス性いぼの感染を許してしまう事があります。
普段から食事や睡眠、適度な運動などに気を付けて健康的な生活を送ることも、ウィルス性いぼの感染予防に役立ちます。

一度イボができてしまった場合は

一度いぼができてしまった場合には、感染性のいぼだと患部を触ると他の箇所うつって多発性尋常性疣贅になってしまいます。

ウイルス性いぼは難治性なので、皮膚科での治療が終わるまでなるべく患部には触らないようにし、タオルを共有しないなど再発予防を行いましょう。

また、免疫力が衰えているとウイルス性いぼに感染しやすくなってしまいますので、ビタミン類を摂取するなど免疫力を高めるようにしましょう。

いぼが難治性の場合は皮膚科を受診しましょう

指にできるいぼはウイルス性で感染性のあるものなので、他の箇所に移さないためにも治療が必要です。

指にできる疣には家庭でも治療できる市販薬や飲み薬もありますが、中には多発性や難治性のものもあります。

ここでご紹介した方法でなかなか治らない場合は、保険適用であれば治療費もそこまでかかりませんので皮膚科で液体窒素治療などを試してみてください。

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常7,200円が今だけ980円!
>>詳細はコチラ<<
通常9,800円が今だけ2,780円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!