首や足にできたブツブツさよなら!【部位別いぼの治し方まとめ】

ある日突然あらわれたイボに、驚いた経験がある方も少なくないと思います。
イボというとなんとなく高齢者の方に多いイメージですが、実は若年層にしかできないいぼというのも存在しているのです。

様々な種類のあるイボですが、イボのできた部位によって治療方法も変わっていきます。
そこでこちらでは、部位別にできるイボの種類や、その治し方をご紹介していきたいと思います。

イボの種類と原因

一口にイボといっても、その種類は様々。
中には病気のサインになっているものもあります。
そこでまずは、身体にできるイボの種類と原因からご説明していきたいと思います。

疣贅(ゆうぜい)とは、医学用語でイボのことです。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

最もポピュラーなイボで、身体でできるイボの大半がこの尋常性疣贅です。
膝の裏や関節など、肌と肌がこすれ合う機会の多い場所にできやすく、擦り傷などが原因でできることもあります。
ウィルス性のイボですが良性なので特別健康被害はありません。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

別名老人性イボとも呼ばれ、年齢を重ねていくとあらわれ、高齢者に多いイボです。
紫外線ダメージの蓄積と、加齢による皮膚の老化が原因で、全身のどこにでもできてしまいます。

こちらも良性ですが顔にあらわれることもあるので気にされる方も多いイボです。
また、稀に悪性の場合もあるので治療のためにも皮膚科の受診がおすすめです。

足底疣贅(そくていゆうぜい)

足の裏に出現するのがこの足底疣贅です。
体重がかかりつづけるため、イボが平らに変形していくのが特徴です。

ウイルス性疣贅の1種で、ちょっとした傷などから感染します。
裸足で過ごす時間の多い方や、足元が汚れやすい仕事をしている方に多く見られるようです。
足の裏にできるタコに酷似していますが、触れると出血を伴うという特徴があります。

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)

扁平疣贅は青年期にできるイボで、年齢を重ねてからの出現はほぼありません。

顔や手のひらなど、比較的目立つ位置にあらわれます。
そのため見た目を気にする方も多いのですが、時間の経過で自然と治っていくのが特徴です。

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)

ウイルス感染により発症し、ポツポツと複数であらわれ白くやわらかいのが特徴です。

イボがやわらかいため破けやすく、公衆浴場やプールに保因者がいると感染が拡大してしまいます。
また、免疫力の低い小さな子供が罹ることも多いので注意が必要です。
周囲に感染を拡大させないためにも、皮膚科医をすみやかに受診しましょう。

イボを予防するには

ウイルス性のものや堆積した古い角質が原因のものもあるイボ。
ウイルス性イボに対してワクチンがないこともあり、予防のためにはイボのできにくい生活をすることが重要です。

肌を健やかに保つ

何よりも大切なのは肌を健やかに、清潔に保つことです。
ウイルス性のものは肌にちょっとした傷があると感染の確率がぐんとあがってしまいます。
また、老人性疣贅のように肌の老化が原因のイボも、スキンケアを怠らないことで予防することができます。

まずは、丁寧な洗顔で1日の汚れはすっきりと取り除きましょう。
その後は保湿ケアを徹底して行います。
肌の新陳代謝や、免疫力を高めるためには保湿が最も重要です。

しっとりと潤った肌はウイルスなどの外的刺激に強いため、顔面だけでなく全身くまなくケアするのがおすすめです。

免疫力をアップする生活習慣

肌だけではなく、全身の免疫力をアップさせることも重要です。
小さなお子さんや疲れている時など、免疫力が低くなっている状態ではウイルスに感染しやすくなってしまいます。

免疫力を高めるためには栄養バランスに優れた食事や、十分な睡眠が不可欠です。
また、適度な運動も身体機能を高めてくれ、免疫力をアップさせてくれます。
一度にすべての生活習慣を見直すのは難しいので、できるところから少しずつ改善していきましょう。

各部位にできたイボの治し方

イボには様々な種類と原因があることはお伝えした通りです。
イボの種類によってできやすい箇所も変わっていて、それぞれ原因も異なるので適切な対処が必要になります。

もしもの時に備えて、病院での治療や自宅での対処法も含めて、正しい治療方法を学んでおきましょう。
また、中には悪性のものもあるため、自分で症状を判断せずにすみやかに病院を受診するようにしましょう。

顔イボ、首イボの治し方

顔や首元にできるイボはウイルス性の尋常性疣贅から、肌の老化が原因の老人性疣贅まで様々です。
目立つ位置にでき、化粧品でも隠しづらいため悩んでいる方は多いと思います。

このタイプのイボは肌に摩擦が生じやすい部位にできやすいとされています。
デコルテから首周りにかけては服による摩擦が生じるので、首にイボができるという方は少なくありません。
首周りはどうしても隠しづらい部位ですし、つい触って症状を悪化させてしまうこともあります。

【自宅でのケア】
・保湿
首から顔にかけては身体の中でも年齢があらわれやすい場所とされていて、肌の老化も顕著に反映されてしまうもの。
だからこそ、保湿ケアを徹底して行い、肌の老化を防ぐようにしましょう。

既にできてしまったイボに対しても、肌を潤った状態に保つことは大変有効です。
また、それ以上イボができないように予防する効果も期待できます。

・ヨクイニン
ヨクイニンはハトムギから抽出できる成分で、肌をやわらかくしたり、再生機能を高める効果があります。
イボ用の市販薬にも広く用いられていて、イボをやわらかくして自然治癒を促すことができます。

イボ用の治療薬は多くのドラッグストアで購入することができます。
その中でもイボ治療クリームは市販の軟膏によく似た形状で塗りやすく、比較的手に入りやすい商品です。
その他にも液体タイプの治療薬もあり、広範囲にひろげやすいのが特徴です。

また、塗り薬ではなく飲み薬も市販されています。
飲み薬は、服用することで身体の内側から体質を改善することができます。
根本的にイボのできにくい体質に導いてくれるので、ぜひ積極的に取り入れましょう。

【病院での治療】
・はさみやピンセットでの除去
小さなイボはピンセットやはさみで取り除くことが可能です。
顔や首にできるイボは小型のものが多く、日常生活で目につきやすいため比較的小さいうちに病院を受診できるかと思います。

即効性があり、医療費もリーズナブルに済みます。

・液体窒素治療
少し肥大化してしまっているイボにはこちらの液体窒素凍結療法が有効です。
液体窒素療法では、まず液体窒素でイボを冷却し、組織を破壊する方法が用いられます。
ただし、首にできたイボには用いることができますが顔面には利用できません。

噴射した液体窒素はかさぶた状になり、2週間もすればイボと共に自然と取れてくれます。
こちらも手軽な治療方法のため、イボの治療に関して広く用いられています。

・レーザー治療
上記2つの治療方法は、肥大化したり数が増えてしまったイボには不向きです。
そのためそういったイボに対しては炭酸ガスレーザーが用いられます。

炭酸ガスのレーザーを患部に照射し、イボを根元から切除してしまうという治療方法です。
局所麻酔を使用するため痛みはほとんどないので安心です。
ただし、保険適用外となり治療費が全額自己負担となってしまう場合もあります。

ひざ、足にできたイボの治し方

ひざにできるイボのほとんどは尋常性疣贅で、ウイルス性のものですがそのほとんどが良性です。

また、足の裏にできる足底疣贅もウイルス感染が原因です。
体重がかかると痛みを生じ、歩きにくいなど日常生活で不便を感じる場面も多々あります。
タコや魚の目などと混同してしまうことも多いので、まずは見分け方についてご説明していきます。

【イボとタコ、ウオノメの違い】
・イボの特徴
色は茶色で、表面がボコボコとしているのが特徴です。
灰色がかった色をしていることもあります。

・タコの特徴
黄色がかった色をしていて、皮膚がそのまま硬化したような見た目が特徴です。
かかとやつま先など、日常生活で体重のかかりやすい部分によくできます。
押すと軽い痛みがあります。

・ウオノメの特徴
タコとほぼ同じような見た目をしていますが、中心に魚の目のような芯があるのが名前の由来です。
足の指にできることが多く、歩くとトゲが刺さっているような強い痛みを覚えます。

【自宅でのケア】
・絶対に触らない
タコやウオノメは自力で治すこともできるのですが、イボの場合はウイルス性なので絶対に触らないことが大切です。

無暗に触ったり、イボを剥がそうとすると感染領域が拡大してしまう原因になります。
そのためイボかな?と思ったら、すみやかに皮膚科を受診しましょう。

・肌を清潔に保つ
ひざの裏や足の裏の皮膚は、汚れや垢がたまりやすいもの。
イボができている患部に触れないよう、普段よりも丁寧に洗浄していきましょう。
肌を清潔に保つことで、感染が拡大するのを防ぐことにも繋がります。

【病院での治療法】
・液体窒素治療
ひざや足の裏のイボに対しても、液体窒素で患部を冷却、凝固させる方法が用いられます。
ただし、液体窒素がかさぶたのように盛り上がるので、足の裏に施術を受けると歩きづらいのが難点です。

・炭酸ガスレーザー
根本的な治療が可能な炭酸ガスレーザーは、この場合も大変有効です。
炭酸ガスレーザーは現在イボに対する主要な切除方法で、病院でこちらを勧められることも多いかと思います。
ただし前述の通り保険適応外となる場合も多いため、医師とよく相談の上治療方法を決定しましょう。

・電気メス
電気を用いたメスで、イボを焼いて削り取る方法です。
局所麻酔をしてから手術を行うので、痛みや出血はほとんどありません。

指、腕にできたイボの治し方

こちらの部位にできるイボも、顔や首にできるいぼと同様にウイルス性のものから肌の老化が原因のものまで様々です。
指や腕にイボができてしまうと、つい気になって触ってしまう方が少なくありません。
しかし、ウイルス性の場合は感染が拡大してしまうので絶対にやめましょう。

【自宅でのケア】
・内服薬での治療
指や腕のイボは基本的に触るのはNG。
取り急ぎの自宅でのケアでも、塗り薬を用いるよりは市販の内服薬を飲む方が安全です。

前述のイクイニンの配合された内服薬は全国のドラッグストアで気軽に手に入れることができます。
また、イクイニンの含まれたハトムギのお茶を飲むだけでも効果があります。

【病院での治療法】
・外用薬での治療
小さなイボであれば、外用薬での治療を勧められることもあります。
中でも前述のイクイニンや、サリチル酸の配合されたものが広く用いられています。
サリチル酸は、皮膚をやわらかくしたり、再生機能を高めるなどイボの治療に適した成分です。

・液体窒素療法
比較的気軽な治療方法である窒素冷却凝固法は、指や腕のイボに対しても用いられています。

ただし肥大化したイボにはレーザーや電気メスを用いた切除が必要になることが多くあります。
いずれにしても、イボがまだ小さいうちに病院を受診することが大切です。

部位に合わせた治療方法で適切なケアを!

身体中にできる可能性のあるイボですが、できた部位によって適した治療方法も異なることが分かりました。

自宅でのケアに関しては、方法を間違えるとイボを悪化させることにも繋がりかねません。
正しい知識を持って、もしもの時にも冷静に対処できるようにしましょう!